デイズ ハイウェイ スター g ターボ。 デイズ ハイウェイスター Gターボプロパイロットエディション(日産)の中古車

日産:デイズ [ DAYZ ] 軽自動車

デイズ ハイウェイ スター g ターボ

人気の高い先進利便装備の「アラウンドビューモニター」を標準装備。 フロントグリルとバックドアフィニッシャーのカラーをダーククロームタイプとした。 1万円 税込 3. スカーレットメタリックはeKワゴン専用色「ポピーレッドメタリック」と同一色で、eKカスタム及びデイズ標準車には未設定。 ボディカラーは、「レモンライム」を含む全10色を設定。 覚えておいて損はありません。 660 J アンシャンテ 助手席回転シート 送迎パッケージ• USB入力端子• それに加えて、先ほど趣味の世界といった15インチのアルミホイールをはいているのもポイントとなりますよ。 62 22 - - 659 4WD 4 163. 「ハイウェイスター X プレミアムセレクション」は、15インチアルミホイールを装備、インテリアには、明るく高級感あふれるプレミアムコンビネーションインテリアを採用。

次の

日産・デイズ試乗 ターボ車の走りと回生ブレーキ装備でエコ度アップ(1/8)

デイズ ハイウェイ スター g ターボ

正直、魅力的なグレードではありません。 「踏み間違い防止」はおすすめ 「踏み間違い衝突防止アシスト」や「VDC(ビークルダイナミクスコントロール)」は良い機能だと思います。 高性能エアコンフィルター 花粉・黄砂・PM2. 数少ない上場企業にしかできない「安心」かつ「便利」な「新しい中古車選び」をお約束いたします。 インテリアでは、黒を基調に紫色の糸を織り込んだ格子柄の専用シート地を新たに採用。 今回、消費税変更に伴い、価格変更を行った。

次の

デイズ ハイウェイスター Gターボプロパイロットエディション(日産)の中古車

デイズ ハイウェイ スター g ターボ

62 - - - 659 FF 4 139. 上位装備があるために見劣りするかもしれませんが、これでも十分な装備内容です。 オーテックジャパン扱いのカスタムカー「ライダー」と「ライフケアビークル」シリーズもマイナーチェンジされ、ベース車と同様の改良を行ったほか、「ライダー」は専用フロントバンパーのデザインを一新して専用LEDバンパーイルミネーションやフォグランプを組み込んだほか、ボディカラーは「プレミアムパープルパール」と「クールシルバーメタリック」と入れ替えで新色の「オーシャンブルーパール」と「スカーレットメタリック」を追加。 660 S 4WD• 廃車を売却するなら・・・• デイズルークス・ハイウェイスターXターボの走行性能 まず運転席に座って最初に感じるのは視界が良いことです。 同時に、「ライダー」をベースにさらに個性を強めた特別仕様車「ライダーブラックライン」を設定。 ステアリングスイッチやGPSアンテナなどがセットになった、日産オリジナルナビ取付パッケージを全グレードに標準化。 ラインアップは、「J」、「S」、「X」、シャープで存在感のある「ハイウェイスター X」、「ハイウェイスター G」、3気筒インタークーラーターボエンジン搭載の「ハイウェイスター Gターボ」を用意。 なので、グレード選びをする際は、内装・インテリアのデザインや質感の事を気にすることなく、外装やパワートレインの違いを中心に考えれば良いのかなと思いました。

次の

デイズ(日産)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

デイズ ハイウェイ スター g ターボ

1を実現し、ユーザーの要望にしっかりと応えているところがさすが日産といえます。 5万円 税抜 3. 660 X アンシャンテ 助手席回転シート• キーレスエントリー• 2014年にデビューし2016年に一度マイナーチェンジを経て、現在もB21Aの型式で初代デイズルークスが販売中です。 2016年6月23日閲覧。 ただし、このデバイスの仕上がりで最も気になったのは、いったん停止した後の再発進時における加速力があまりにも弱く、多くの場合、前車への追従ができずにアクセルの踏み増しが必要だという点。 衝突安全ボディ• 今すぐお試しください。 今回、クルーズコントロールを標準装備し、高速巡航時の快適性を向上(ハイウェイスターGターボ)。 660 ライダー ハイウェイスターGベース• ボディカラーは一部変更となり、デイズ専用色の「レディッシュマルーンパール(特別塗装色)」を廃止する替わりに、シリーズ車種のデイズルークス採用色である「アゼリアピンクメタリック」、「モカブラウンパール(特別塗装色)」、「ピンクゴールドメタリック」の3色を追加した。

次の

日産・デイズ試乗 ターボ車の走りと回生ブレーキ装備でエコ度アップ(1/8)

デイズ ハイウェイ スター g ターボ

グループ総在庫は圧巻の20000台以上!どこにも負けない品揃えで「たくさんの中から自分にぴったりの1台を選びたい」というお客様のご要望にお応えします。 - 日産自動車 プレスリリース 2014年2月13日(2014年2月14日閲覧)• コンパクトな3気筒エンジンを搭載し、トランスミッションは、副変速機付エクストロニックCVTを全車に採用。 アクセルをしっかり踏まないと加速しない さっそくディーラーを出る時に感じるのですが、出足はエコよりなのか中々思うように加速してくれません。 リフトアップ• リヤオーバーハングは従来モデルと同等ながら、ラゲッジルームは大きめです。 島根県 0件• 4万円 - 659cc CVT フルタイム4WD 4名 5. 全周囲カメラ• 良く言えばタービンが回っていても走行音が静かと言うことになるのでしょうが、私はあまりタービンの効果が無いのかなとも感じてしまいます。 ABS• 2014年3月13日 同年2月末時点での総販売台数が106,318台となったことを発表。

次の

日産デイズハイウェイスターターボの評判口コミ「掴み所の無い」

デイズ ハイウェイ スター g ターボ

では、ハイウィスターならではの装備は何でしょうか。 新開発エンジン、新開発CVTに加え、新たにリチウムイオンバッテリーを搭載したスマートシンプルハイブリッドといった新設計パワートレインにより、動力性能が大きく進化し、力強い走りを実現するとともに燃費も向上。 意図せず走行車線を逸脱しそうな場合に警報でドライバーの注意を喚起する「LDW(車線逸脱警報)」と車線内に戻す方向に力を短時間発生させ、ドライバーがクルマを車線内に戻す操作を支援する「インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)」を日産の軽自動車に初めて搭載し、プロパイロットを軽自動車に初めて搭載した。 660 ハイウェイスターX 助手席回転シート• 今回、2WDの「S」、「X」、「ハイウェイスターX」、「ハイウェイスターG」に、デイズルークスにも搭載しているバッテリーアシストシステムを採用。 660 ハイウェイスターJ アンシャンテ 助手席スライドアップシート• 先進技術は、衝突回避および被害軽減をサポートするインテリジェントエマージェンシーブレーキを全車に搭載。 今回、全車標準設定している衝突回避を支援する「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」の性能を向上。 0 22. エアーシート• 660 S アンシャンテ 助手席スライドアップシート• 一度スピードが乗ってしまえばターボ搭載で馬力も64psあるので加速が良くなります。

次の

日産デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 期待以上の力作

デイズ ハイウェイ スター g ターボ

日産 デイズ 660 ハイウェイスターGターボ 4WD 純正SDナビ 全方位カメラ 北海道の詳細画像 その11• 660 ボレロ X 4WDベース• デイズを自分でガラスコーティングしたい方へ という滑水性のガラスコーティング剤がおススメです。 バックカメラ• プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2019年3月28日 , 2019年3月28日閲覧。 サイドカメラ• 脚注 [ ]• Aピラー以降についてはテールレンズも含め、eKと共通である。 ターゲットは20代から30代で、シンプルかつ機能的なものを好むファミリーの主婦。 660 ハイウェイスターGターボ• 一方で、こうしたディメンションを持つ同類モデルの中にあっては「なかなか走りがしっかりしているな」という印象を抱いたのも、また間違いのない事実である。 2 実燃費 15. ボディカラーはベースグレードでは特別塗装色となっている「プレミアムサンシャインオレンジ4コートメタリック」、「ホワイトパール3コートパール」、「プレミアムパープルパール」、「モカブラウンパール」の4色を設定した。

次の