ライル ディ ランディ。 ロックオン・ストラトス(ライル・ディランディ)

ガンダム00のディランディ兄弟、どっちが好き?

ライル ディ ランディ

機体名が長くて覚えきれなかったのだろうか…。 剥き出しの壁は寒々しく、ぼろぼろのソファとテーブル以外の家具がない。 「ウロチョロしていた鼠を掃除しておきましたよ」 同上。 刹那のほとんどはロックオンのところに行ってしまっているから、それはいつもの包み込むようなやり方じゃない、薄ぺらい膜のようなものだった。 これでも、気にはしてるんでね」 『BX』第21話「脅威!古代ミケーネの遺産!」より(第18話分岐で日本防衛を選択した場合のみ発生)。

次の

ロックオン・ストラトス[ニール・ディランディ]

ライル ディ ランディ

「黙れ、ちょりす!」 そのくせ「」だのと一々メタ発言をかます刹那に対し、一々この言葉で諌めていた。 L5、L2、 L5、L2、 、 L2、L1、L2、、L4 固有 [ ] 命中率+30%、クリティカル率+30% 『第2次Z再世篇』。 合体条件:MS&コスト3以上 【合体中】『このスピリットのアタック時』 このスピリットは、本来のコストが5以下の相手のスピリットからブロックされない。 その射撃の技量は弟ライルと共に競技ライフル射撃で鍛えたもので、テロ後もその腕を活かしてスナイパーをしていた経緯がある。 ) 容姿と声がニールとそっくりなため、当初はCBのメンバー達が戸惑う様子を見せたが、「タバコを好む」・「言葉の語尾」など、些細ではあるが容姿以外で見分ける違いがある。 知ってる。 いまさら罪悪感もねえだろ、と呆れたら、逆に気が楽になった。

次の

#ガンダム00 #ライル・ディランディ 【腐】Stardust【ライ刹+ELS】

ライル ディ ランディ

食べることも、排泄も、眠ることも、できないらしい。 「おまえは、あっちで生きてんだろ?」 刹那はうなずいた。 けれど確かに、ここにいる。 再攻撃はゲームバランスの問題からか序盤では未修得(???)の状態になっている。 「悪い。 備考 2シリーズ(2年3ヶ月)振りにMSカードで再登場。

次の

ガンダムOOについて質問。1期でライルが登場したのは何話ですか?この頃からラ...

ライル ディ ランディ

キスがしたい。 最後に覚える愛はに捧げるものか。 彼女の最期に立ち会うことでお互いを理解し合いライルは人類と異種の対話を信じてガンダムマイスターのロックオン・ストラトスとして戦うことを決意する。 射撃や発進の際には「狙い撃つぜ」という決め台詞を用いる。 驚くよりも、袖から覗く手がちゃんと肌色であったことに、安心してしまった。 一方で枕を抱いて涙を流した女性ファンは多かったという…。

次の

ロックオン・ストラトス[ライル・ディランディ]

ライル ディ ランディ

。 だから。 空っぽだった! 小説版におけるアニューとの死別のシーンの地の文の一部。 「……ある意味、超合金なわけね」 ズキズキ痛む鼻筋をさすりながら、まあ、幽霊よりはマシかとライルは思った。 言われてみればなんか全体的にメタリックな気はする。

次の

ロックオン・ストラトス[ニール・ディランディ]

ライル ディ ランディ

カラカラと静かに窓を開く音がした。 二人きりの時にだけ、ふっと心が緩んだ瞬間にだけ、刹那はライルという名を声で紡いだ。 狭いソファの上で折り重なって、ライルの重みを受け止めていた刹那が、怪訝そうに頭をもたげた。 「電話の相手、誰だか気になる?」 訊いてみると、刹那は肩をすくめた。 愛機のガンダムと共に特技の射撃技能を生かした狙撃手となり、自らの行為には罪悪を感じつつも、目的が達成の暁には裁きを受けると公言している。 そうしたとき、自分は手札1枚を破棄する。

次の

ケルディムガンダム

ライル ディ ランディ

後に新装備・GNライフルビットとビームピストルIIを2丁追加装備した最終決戦仕様の GNHW/Rに武装強化された。 搭乗機体 [ ] 譲りの遠距離狙撃が得意なMSに搭乗する。 他のマイスターが、イノベイドや超兵やリボンズのゴリ押しだったのを考えると CBが引き抜ける人材の中では、最高の適正があったとも考えられるでしょう。 その背中越しからライルは銃を向け狙い撃とうとする(刹那もその事に気付いているが敢えて抵抗もしていない)が、「もしもの時は~」と言っていた刹那の心情や、同じガンダムマイスターだった兄が望まないだろうという思いから、ライルは銃口を下げる。 そんな方程式の中で生きていたら、死ぬのがこわくなりそうだ。 こいつだけは許せねぇ!」 第24話より。

次の

ロックオン・ストラトス(ライル・ディランディ)

ライル ディ ランディ

その中で上限が「数値」で指定されているものに「コスト破壊効果」の上限を変更する効果が発揮します。 嫌とは言わせねぇ! 欲しいもんは奪う、例えお前が…イノベイターだとしても! アニュー、戻ってこい…アニュー!!」 を駆り敵として対峙したアニューに対して、ライルはこの言葉と共にを発動させ、力づくでアニューへのを試みる。 しかし、カタロンを離脱したわけではなく、スパイとしても活動していた。 ミッションではBG6弾でも出たクリティカル無効のスキルに対しては、スキルが発動すればB2弾Pの兄よりアタック補正が高くなるが、あちらはアタックバーストである為、それだけでは火力負けしてしまうのが難点。 なお、サーシェスは 「助けに来た」とは一言も言っていない。 後にトレミーの補充メンバーとして乗り込んできたアニュー・リターナーと恋人同士になるが、彼女はイノベイターであり、悲劇的な死別を迎える。

次の