オセロニア 曹操 攻略。 【PR】逆転オセロニア【攻略】: 「絶望!妲己」絶級攻略速報

オセロニア攻略Wiki|ゲームエイト

オセロニア 曹操 攻略

キャラ駒 属性 スキル レア コンボスキル 神 特殊ダメージ:スキル発動時のHPが50%以下の時に発動できる。 魔をデッキに使っていなければとても使いやすいので、 神と竜の組み合わせデッキなどでおすすめですよ。 [貫通]攻撃力アップ:1枚ちょうどひっくり返せるマスで発動できる。 魔が入っているから使えないということはなく、盤面に魔駒が無いのであれば属性関係なく使うことが可能です。 囁き系のスキルで最大1. サマー香蘭、グレリオは繋がらない限りダメージが出ないため、金色牙刀を抑えるとかなり優位に立つことができます。 10連ガチャは、課金アイテムである星のかけらを使うことで 「11連ガチャ」ができます。 通常攻撃が1. ですが、それだけSランクは非常に強力なんです。

次の

【逆転オセロニア攻略】“絶望!カルディア(絶級)”攻略と効率的な周回のコツを紹介 [ファミ通App]

オセロニア 曹操 攻略

ステージ2(HP:13,000) ギミック 1 時限バフ 1ターン後に手駒の竜駒のATKが3倍になる。 神リーダーに刺さるコンボスキルも非常に強力。 11連ガチャを引くだけで確実にSキャラをゲットすることが出来るんですから。 コンボスキルも非常に優秀です。 通常攻撃が2倍になる。

次の

【PR】逆転オセロニア【攻略】: 「絶望!妲己」絶級攻略速報

オセロニア 曹操 攻略

3:カルマを攻撃• ただ、 超駒パレードガチャはフツーの11連ガチャと比べて 当たりの率が上がります。 そこで、気になるのは ガチャを引くタイミングや時間帯だと思います。 そんなとき、10連ガチャを回してもなかなか手に入らなくてイライラしてしまうかもしれません。 ステージ3の攻略 敵のHPは22000です。 さらに時限スキル発動時に出てくる駒も強くないため、全部の時限スキルを防ぐ必要はありません。 8倍になる。

次の

逆転オセロニアガチャのタイミングと時間帯は?

オセロニア 曹操 攻略

また、ひっくり返されやすい内側のマスには防御スキルを持つ「」や「」を置くと被ダメージを抑えられるので効果的です。 (イベントによってはコレよりも少なくなります) この、 星のかけらは無課金だとほとんど入手することができない貴重なアイテムとなっているので無駄遣いは禁物ですよ! 必要な数を見て頂いたように逆転オセロニアでは11連ガチャを引く方がお得になっているので、 特別な理由がない限りは11連ガチャを引くことをオススメします。 攻撃力アップ 1枚ちょうどひっくり返せるマスで発動できる。 さらにコストが30というのがちょっと厳しいですね。 絶望!曹操の難易度 時限スキルが強力ですが、 全体的には過去の絶望決戦に比べて低い難易度です。 1:魔導師だけを1回倒す• そのため、こういったガチャイベントの時にガチャを引くことをオススメします。 「強い駒が入手できるが、決戦が難しい」といったものも当然あるので、まずは自分の手持ちの駒でクリアできそうなものから挑戦していくといいだろう。

次の

【オセロニア】決戦イベント「絶望!曹操」絶級の攻略方法

オセロニア 曹操 攻略

神染めでない場合は編成しておきたい。 6倍になる。 C 2016 DeNA Co. 3倍になり、最大で1. 7倍になる。 通常攻撃が1. 8倍になる。 ただし、アウロラが特殊ダメージを大幅に下げてくるため、神デッキはダメージを与えにくい。 4 貫通付与 9ターンの間、自分の竜駒の通常攻撃ダメージは、相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない。

次の

オセロニア攻略Wiki|ゲームエイト

オセロニア 曹操 攻略

さらに自分の竜駒の通常攻撃ダメージは、相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない。 攻撃力アップ 自分のHPが減少するほど通常攻撃が上昇し、最大で2倍になる。 効果:Lv4 この駒を置いたとき、1500のダメージを受ける。 アウロラのスキルが終了したタイミングを見計い、決定打を放とう。 しかし、コストが30な所、1枚返ししかできないので2枚返し以上で得られる1. コンボスキルで敵用Bマスを5つ作れる ・闘化は魔単色デッキなら実質無条件で相手の手駒2つを呪いにできる 3 高 ・竜駒最高峰の火力が出せるが、貫通スキルではないので対策されやすい ・暗黒スキルは現環境では運用が難しい 絶望決戦駒は入手難易度が高い分、ガチャ限定駒をしのぐような強力な性能を持った駒ばかり。 [貫通]攻撃力アップ:1枚ちょうどひっくり返せるマスで発動できる。 [リンク]攻撃力アップ 自分のデッキに竜駒が10枚以上入っていて、周囲に自分の竜駒があるマスで発動できる。

次の