11 月 お たより 文例。 7月の「おたより・園だより・クラスだより」で使える書き出し文例20選|保育士・幼稚園教諭のための情報メディア【ほいくis/ほいくいず】

【役員向け】幼稚園のおたより作成のための文例集【季節別】

11 月 お たより 文例

子どもたちは図鑑をみながら、葉っぱの観察をしたり、園庭にあるキクの花を見て、キクにも色々な種類があることを学んでいましたよ。 ・ 菊の花が今を盛りに咲いています。 できるだけ薄着にして、元気に過ごしていきましょう! 運動会 ・今週から運動会の練習がスタートしました。 「昨日めっちゃ暑かったのに、今日は雨で寒いよね。 無いような端的に、年末のあいさつはしっかりできたら良いですね。 ・肌に触れる風もだんだんと冷たくなり、晩秋の気配が感じられるようになりました。 かくれんぼをしていると、みんなで隠れることが楽しくなっちゃって、鬼も含めておしりだけ出してひとつのところに隠れてみたとか。

次の

11月の学級通信書き出し文例 | 学級通信の書き出し文例 | 公益財団法人 理想教育財団

11 月 お たより 文例

・そろそろこたつの恋しい季節になりました。 1か月もしないうちに毛先が開く場合は、磨くときに力が入りすぎという証拠です。 今日は湯たんぽの日。 ま、いっか」とはなりにくいかもしれません。 ・学芸会に向けて、子どもたちの練習にも熱が入ってきました。 子どもたちは、保育者が手伝おうとすると、「じぶんでやる!」とやる気満々で、はっきりと意思表示もするようになりました。

次の

【役員向け】幼稚園のおたより作成のための文例集【季節別】

11 月 お たより 文例

ビタミンをしっかり摂って、これからの風邪やインフルエンザのシーズンを元気に乗り越えましょう。 途中でやめたくなったらやめてもOKです。 ・七五三の写真が出来上がりましたら、ぜひ見せてくださいね。 きれいなアジサイが園庭に咲きました。 七夕祭り後、「先生が食べ過ぎませんように」優しい短冊を見つけました。 子どもが大好きな、水遊びや夏祭りなど、夏ならではの行事を楽しんでいきたいと思います。

次の

11月の学級通信書き出し文例 | 学級通信の書き出し文例 | 公益財団法人 理想教育財団

11 月 お たより 文例

・どんぐりやまつぼっくり、落ち葉集めに夢中な子どもたち。 「いらっしゃいませ」「ほんじつのおすすめは、こちらです」「これ1つください」と買い手、売り手になりきって楽しんでいます。 頑張りすぎず、楽しく作成して保護者との懸け橋に 先生方はおたよりをサービス残業や帰宅後に作成する方も多いでしょう。 ・日に日に気温が高くなり、本格的な夏の季節がやってきたようです。 毎月やってくるおたより作りの仕事。 温度差ありえないわ。

次の

【保護者の心をつかむ】保育所・幼稚園のおたより(7月)の文例50選

11 月 お たより 文例

食事に歯ごたえのあるものを取り入るなど、無理なく噛む回数を増やしてみてはいかがでしょうか? 「免疫力を高めよう」• ・ 落ち葉の散り敷く季節となりました。 歌や楽器の表現あそびを楽しむ。 ・スキーシーズンもまもなく到来、今年は北海道までツアーを組みませんか? 結語の一例 結びの一文の後、つまり手紙の本当の最後には頭語に対する「結語」を書いて文章を完結させます。 ・水あそびが楽しい季節ですが、暑さのせいで外遊びが制限されて、少し残念そうな子供たちです。 ・七五三のかわいらしい晴れ姿を見かける頃となりました。 【3月】春の兆しに進級の喜びと、一番伝えたい感謝 1年を振り返ると、淋しく温かく感謝の気持ちになるのは先生だけではありません。 くれぐれもご自愛ください。

次の

【1歳児】11月の月案の書き方や記入例

11 月 お たより 文例

そのまま読み進めていただけるのではないでしょうか。 7月になってからの天気を、そのまま書けばいいんです。 子ども達の「てるてる坊主作り」は、プロ並みに上手くなってきました。 みなさまいかがお過ごしでしょうか。 この時期は体調を崩しやすいので、子どもたちの体調管理には十分配慮しながら楽しく過ごしていきたいと思います。

次の

利用者さまへの「おたより」|社会福祉法人 金谷温凊会

11 月 お たより 文例

・半年間のお休みを終え、いよいよヒーターも運転開始です。 保育者の真似をしながら手や身体を動かし、歌や手遊びを楽しむ 1歳児• ・冬が駆け足で近づいてまいりました。 だから、昔の人は4つの季節(春・夏・秋・冬)をさらに24に分けることができました。 身の回りのことを自分でやってみて、できない所は保育士にやってと訴える。 お伝えしますね。

次の