象印 クイズ ヒント で ピント。 象印クイズ ヒントでピント

象印クイズ ヒントでピント

象印 クイズ ヒント で ピント

プロデューサー:中江尭政、市川忠信、蒲生直人、佐藤彰• 18 1980. この問題になったら目を細めて画面を凝視していた人、読者の中にも絶対にいたでしょ(笑 現在は、画面にモザイクがかかるのは当たり前ですが、それをテレビ界で初めて試みたのが、この『ヒントでピント』の「テクニカル」クイズでした。 正解音も電子音になった。 脚注 []. 最終回では男女ともにゲスト解答者無しで、当時のレギュラー解答者だった4人ずつで対抗戦が行われた。 25 10• 6 1994. また正答と一致した数値を記述した場合には2倍の点数の獲得となる。 稀にではあるが、両軍とも同点で引き分けの回もあった。 読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、産経新聞、日本経済新聞、報知新聞(1981年3月8日付朝刊ラジオ・テレビ欄)より。 作曲家の故・中山大三郎氏がゲスト出演をしたときに16分割の最初のヒントで当てたのを知っている。

次の

昭和のクイズ番組ー象印クイズヒントでピント

象印 クイズ ヒント で ピント

リアルタイムで見ていたときの私は、ほとんど答えられず。 将棋の羽生善治竜王が永世七冠獲得で神の領域を超えて以後、ファンの間で 「将棋星人」(=宇宙人)と呼ばれるようになりましたが (とでも考えないと永世七冠なんて人間には達成不可能)、それと同次元で「宇宙人」と呼ばれていた人物でした。 解答者は5人。 (NHK)• 当初週遅れ放送で1980年4月より同時ネット。 また、これも同じくテレビ朝日系列であり、放送の『2時間スペシャル』において『クイズ 珍トで珍ト』というパロディ企画が行われた(からの「何の食材の実かわかりますか? また、エンディングのスタッフロールが流れているときに、当時2枠レギュラーだった宮尾が「…ハイッ!」を披露した。

次の

象印クイズ ヒントでピント

象印 クイズ ヒント で ピント

プレゼントは象印製品のほか、番組末期には海外旅行もあった。 この番組の中に処理されたから何をしているなのか答えるがあり、その際にではプライバ保護やの修正などで用いられる 処理をと共同開発して初めて実用化させた。 地域によっては広島ホームテレビや瀬戸内海放送で視聴できた。 なお、偶然にも同時間帯の民放各局の裏番組も(すばらしい)、()、食品()とである。 「浅井慎平はなんであんなに賢いのか。 』というパロディ番組が放送された。 くしくも告別式が行われた7月18日は妻の命日だった。

次の

象印クイズ ヒントでピント

象印 クイズ ヒント で ピント

ただ、浅井さんの不幸(?)は、両者の番組の知名度がダントツに違ったということ。 。 全問題終了時点で得点の多いチームの勝ちだが、60点以上を獲得した場合は「象印賞」として、その日のクイズに関連した賞品獲得となる。 この記事の主題はウィキペディアにおけるを満たしていないおそれがあります。 浅井慎平を神だと思っている。 オープニングクイズとゲスト解答者紹介時には、全解答者の緑のランプのみが全点灯、チーム勝利の際には電飾と共に、緑と赤のランプが全点灯していた。 4点満点、ラッキークイズの場合は12点満点で5問出題。

次の

象印クイズ ヒントでピント

象印 クイズ ヒント で ピント

構成:、、大上和博、松井尚、植木幹雄• 放送分の『2015春』で、クイズの1つとして16分割問題が21年ぶりに復活した。 一社提供の象印自体は天満に本社があり、タイガー魔法瓶も大阪府に本社がある為、ともに在阪企業である事が共通している。 (1980年代後期〜1990年代)• 放送分の『2015春』で、クイズの1つとして16分割問題が21年ぶりに復活した。 土居がの司会やの発症で不在の時には、レギュラー解答者のやが代役を務めることがあった。 CM [ ]• -番組終了• また、男性軍のゲストがテクニカルや16分割で正解した場合、男性レギュラー陣がゲストのところに歩み寄って握手を交わし正解を讃えていた。 この番組は魔法瓶メーカーの象印が一社提供しているため、同業他社であり象印のライバル企業でもあるに配慮して、この番組では 名前に絡むそのもの、およびそれに関する問題(例・)は出題する事が絶対禁止で、象印・タイガー魔法瓶とともに関西に本拠地を置くに関する問題さえ作れなかったという。

次の

象印ニュースクイズ パンドラタイムス

象印 クイズ ヒント で ピント

ボタンを押した際にひし形の札が出てくるほか、解答席後部はひし形の中に赤と緑のランプが互い違いに円状に並べられ、正解時には一番下から時計回りに緑のランプ、不正解時には一番下から反時計回りに赤のランプが点灯していき、中心には勝利時に光る電飾(ひし形に豆電球が9個)が付いていた。 14 1994. ボタンを押すと鐘の音と共にネームプレートの下にある赤いランプが点滅する。 セット [ ]• 「分割問題」は、2枚・4枚・8枚・16枚のヒント(語句・絵・写真)が記されたパネルを番号パネルで隠し、時間の経過に従い番号パネルがランダムに外されていくことでヒントを表示させる形態の映像クイズ。 問題作成:、THE・TEN、テレビット、Uncle、、UFO'S、CAMEYO、ペンギングループ、• また、司会席後方のモニターが小さくなって司会者の向かって左に設置。 「分割問題」は、2枚・4枚・8枚・16枚のヒント(語句・絵・写真)が記されたパネルを番号パネルで隠し、時間の経過に従い番号パネルがランダムに外されていくことでヒントを表示させる形態の映像クイズ。 3~4問目くらいで当てると、女性陣二枠の「おっかさん」こと小林千登勢さん(故人)がよく、 「なんでそんなのわかるのよ~!」 「もう(浅井さん)やだ~!」 と、悲鳴に似た野次を飛ばしていたのを覚えています。

次の

象印クイズ ヒントでピント

象印 クイズ ヒント で ピント

番組前期(1980年10月)からは個人戦を導入し、ゲスト解答者同士の対決の場が設けられたため、終始無言という事態は解消された。 さらに1対1の問題では、対戦する解答者にランプが点灯、不正解でもランプは消灯しない。 が、一視聴者として、浅井さんほど頼りがいがあり安心して見ていられる回答者は、(はらたいらを除いて)他に見当たりません。 -番組終了 女性軍• 2は参加の8。 中期までは誰かがボタンを押すたびに画面に網目が付くようになっていた(2人以上押すと線が太くなった)。

次の

象印クイズ ヒントでピント

象印 クイズ ヒント で ピント

そのときの答えは「みつばち」。 「テクニカル問題」は、を施した映像を流し、時間の経過と共にモザイクが解除されていくことで、元画像を当てる映像クイズである。 中島梓氏の逝去はグインサーガファンと同じくらいショックだ。 なおには勝敗にかかわらずやポットといった製品がされた。 男性軍 女性軍 歴代ゲスト解答者一覧 男性解答者 あ行 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 か行 、、、、、、、、、、、、、、、、、 さ行 、、、、、、、、、 た行 、、、、、、、 な行 、、、、、 は行 、、、、、、、、、、、、 ま行 、、、、、、、、、、、、、、、諸星由美 や行 八島美夕紀、、、 わ行 、、、渡辺トモ子 スタッフ• 番組開始後8年目の(第419回)放送には女性軍もスペイン旅行を獲得しており、その際は女性軍5人全員が大号泣した。 久雄 - 、。

次の