し の つく 雨 と は。 占いツクール

日本情緒あふれる「雨の呼び名」を紹介 一説には400語超とも

し の つく 雨 と は

小雨 こさめ あまり雨粒の大きくない、弱い雨のことをいいます。 日本国語大辞典 雨降り あめふり 雨が降ること。 江戸語辞典 雨降正月 あめふりしょうがつ 雨祝 あまいわい に同じ。 2012年12月25日閲覧。 建物のある部分に雨がかかるのを防ぐ設備。 また、長期間、露天に放置しておくこと。

次の

しのつく雨、どんな雨?【ことば検定】 答え林修

し の つく 雨 と は

あまつぶ。 上着やコートなどのポケットにつけた、ふた。 雨氷は電線に付着してを起こしやすいため、ガスや電気の代わりとしてに火を使うことになる。 雨のことば辞典 雨打 ゆた 寺院建築で本来の屋根の下に造られた差しかけの屋根。 なお、再凍結によりできるもののうち、たとえば細く地面に向かって垂れ下がるものは、反対に空に向かって伸びるものはという。 類語国語辞典 こぼれ雨 こぼれあめ ぱらぱらと降りこぼれる雨。

次の

「雨」がつく熟語や用例・慣用句・名詞など:無料の漢字書き順(筆順)調べ辞典

し の つく 雨 と は

アメダスは自動気象観測装置で、全国の約17km四方に一ヶ所設置され、約1300カ所で降水量の観測を行っている。 ・栗花落 ついり 、堕栗花(ついり) 梅雨入りのこと。 淫雨 いんう 長く降り続く雨のことです。 類語国語辞典 雪解雨 ゆきげあめ 雪を溶かす春の雨。 「雨毛 うもう 」と同じ発想から生まれたのであろう。

次の

雨の言葉

し の つく 雨 と は

類語国語辞典 遣らずの雨 やらずのあめ まるで恋人 客 を帰さないためかと思われるように降る雨。 Changnona, Thomas R. 雨具の用意。 なお、雨よりも小さな水滴でできているの場合にも起こりうる。 和船の部材名称。 雨のことば辞典 秋雨 あきさめ 秋に降る冷たい感じの雨。 - - ()で2日朝から3日朝まで着氷性の雨が降り雨氷が発生、地面の氷の厚さは10ミリ以上、電線の氷の直径は20ミリを超え、断線や電柱の倒壊、樹木の枝の折れなどが生じた。

次の

しのつく雨、どんな雨?【ことば検定】 答え林修

し の つく 雨 と は

一方の雨氷は気泡の含有率が低いため透明であり、氷が形成されるとき水滴同士が融合しあうため表面が滑らかになる。 あまかわもち。 どしゃぶりの雨。 日本国語大辞典 雨乞使 あまごいのつかい 古く祈雨のため五龍祭の行われる時、神泉苑に勅使として遣わされる蔵人。 また、1989年から2003年に気象台や測候所のある都市の着氷性の雨・霧雨を調べた調査において、からにかけての山間部や東北との平野部のいくつかの都市で4、5年に1回程度の発生が報告されているほか、被害をもたらすレベルの雨氷は国内で10年に1件程度という調査がある。 時雨 しぐれ 一時的に降ったり止んだりする、あまり強くない雨のことです。

次の

しのつく雨、どんな雨?【ことば検定】 答え林修

し の つく 雨 と は

めったに見られないことのたとえ。 古語辞典 雨垂承 あまだりうけ 雨だれを受ける樋。 読み方のついりは、つゆいりが転じたもの。 雨のことば辞典 雨喜 あまよろこび 雨祝に同じ。 のちに霜と混同して誤解を生むとされたことから、中国語の「霧淞」をより平易にした「 雨氷」が(4年)から使用されるようになった。 北山時雨:きたやましぐれ:京都の北山の風物詩。 あまざれ。

次の